DIL

熱膨張測定 (DIL) 

熱膨張測定(DIL)とは、試料が変形しない程度の荷重を加えながら、試料の温度を一定のプログラムで変化させたときの固体、溶融体、粉体、ペーストなどの寸法変化を、極めて高精度で測定する方法。(ASTM E831ASTM D696など)

DIL 402 ExpedisSelect, Supreme & Supreme HT

再定義された熱膨張計

 

DIL 402 ExpedisSelectSupremeSupreme HTは、最先端の熱膨張計技術で、幅広い高度なアプリケーションに対応するように設計されています。DIL Expedisシリーズのすべての装置には、革新的なナノアイ測定セルが搭載されており、測定範囲と精度に次世代の性能をご提供いたします。

DIL 402 ExpedisClassic 

再定義された熱膨張計


DIL 402 ExpedisClassicは、最新の熱膨張計技術を搭載し、高度なアプリケーションに対応するように設計されています。DIL Expedisシリーズのすべての装置と同様に、クラシックバージョンは革新的なナノアイ測定セルを搭載しており、測定範囲と精度に次世代の性能をご提供いたします。