示差走査熱量測定 (DSC) / 示差熱分析 (DTA) 

DSC 204 HP Phoenix®

高圧DSC

“高圧下での”低温DSC測定が可能! 

多くの物理プロセスや化学反応は、雰囲気ガスの圧力に影響されます。この理由から、加圧条件下でのDSC測定が、しばしば、必要となります。

高圧示差走査熱量計DSC 204 HP Phoenix®によって、ガスのタイプによって異なりますが、-150°C ~ 600°Cの温度範囲で、真空から15 MPa (150 bar) までの試料熱反応の測定が可能になります。

試料室雰囲気は、高圧下ガス静止でも高圧下ガスフロー条件でも可能です。パージガスフローの正確な制御を可能にする電子モニター制御装置が、測定結果の高い精度と再現性を可能にします。
低温度領域の測定には、定評を頂いているCC 200 L液体窒素冷却装置が使用可能です。
この高圧DSCの安全性については、第三者機関による静水圧試験などにより厳密に確認されており、運転中の安全性は、適切な安全装置により保証されています。

Request a Quote

Get a personalized offer now.

Request a Quote

技術仕様

広い圧力範囲
真空~15 MPa (約 2140 psi) 
正確な圧力調整
(例: 10 MPa ± 0.002 MPa)
昇温速度
0.01 K/min ~ 100 K/min

温度範囲 (ガスのタイプにより異なる): 

-150°C ~ 600°C (1 bar)

-90°C ~ 600°C ( 50 bar)

-50°C ~ 450°C ( 50 bar)

各種ガス雰囲気での測定  

不活性: N2、希ガス

還元性:H2

酸化性: O2, CO2, air
(他のタイプのガスも可能)

500 ml/minまでの正確なガス流量制御

アプリケーションデータ 

    Product Information

    We do not only promise quality, but also individual consulting. Let us start your project together.

    Request Information