NETZSCH社の新製品GHP 456 Titan®® は、断熱材の試験に携わる研究者や技術者のための理想的なツールです。

本装置は、保護熱板法(GHP法)に関する工業規格(ISO 8302, DIN/EN 12667, DIN/EN 12939, DIN/EN 13163)に準拠しており、測定温度範囲は極めて広く、しかも卓越した性能を誇ります。

最高の品質基準と最先端の技術を結集して、NETZSCHは、高い信頼性と広い温度範囲で最高の精度を誇る、頑丈で操作が容易な装置を開発しました。

NETZSCH GHP 456 Titan®®は、保護熱板法(GHP法)熱伝導率測定装置の新しいベンチマークとなるシステムです。

Request a Quote

Get a personalized offer now.

Request a Quote

技術仕様

冷却装置 (強制空気冷却): 
最低40°C
冷凍機付き循環水冷却: 最低 25°C
液体窒素冷却システム: 最低 -160°C
試料厚さ
最大100 mm(通常10 ~ 50 mm)
測定温度範囲
-160~250°C

熱伝導率測定範囲:
0.003 ~2 W/(m*K)

雰囲気:
不活性、酸化性、真空(真空度調整オプション)

精度:
±2%以下

熱板寸法:
300 mm (標準バージョン)

真空タイト構造
(5x10-4 mbarまで)

ISO 8302, DIN/EN 12667, DIN/EN 12939, DIN/EN 13163等に準拠してます。

アプリケーションデータ 

    製品情報

    私たちは、品質だけでなく、個別のコンサルティングにも対応致します。あなたのプロジェクトを一緒にスタートさせましょう。

    Request Information

    ビデオ

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    Advanced Insulation Testing using the Standardized Heat Flow Meter and Guarded Hot Plate Techniques

    他の関連製品を見る