熱機械分析

TMA 402 F1 /F3 Hyperion®

熱機械分析装置 - 縦型熱膨張計 

高精度の差動トランス (LVDT)が、TMA 402 Hyperion®  の技術の核心です。

この技術は、定評あるNETZSCH社の熱膨張計に、長年にわたって使われてきた実績に裏付けられています。ナノメーターレンジ(デジタル分解能0.125 nm)に至る寸法変化を測定することが可能です。

荷重と変形信号の同時測定

TMA 402 Hyperion®の試料への荷重は、電磁気的に 発生されます。これにより、クリープ挙動試験の様な荷重を変化させる場合の瞬時の応答が可能になります。 高感度荷重センサー(デジタル分解能 0.01 mN以下) が、プッシュロッドを介して連続的に荷重を計測し、自動的に再調整します。TMA 402 Hyperion® は、荷重のプリセット値のみを使う他の装置より、性能がはるかに優れています。

お客様にとってのメリット

  • 交換可能な炉(他のNETZSCH装置と互換性あり)を備えたモジュールコンセプトにより、拡張やレトロフィットが容易で費用対効果に優れています。
  • 最大4台のMFCによるガスフロー、ソフトウェアによる制御、プログラム可能な雰囲気変化により、手動バルブ操作なしで酸化挙動などの分析が可能です。
  • 最大4N(F1 のみ、F3 は3N)のデジタルプログラム可能な力または変位制御、直線的または段階的な力の変更、緩和、クリープ、応力/歪みなどの粘弾性特性を測定するための連続的な力の変調が可能です。
  • 粉体、液体、ペースト、金属などの測定に対応する各種アクセサリーで応用範囲が広がります。
リラクセーション、クリープ、応力/ひずみなどの粘弾性特性の測定

TMA 402 F1 /F3 Hyperion®は、力を一定にして長さの変化を測定するだけでなく、変位を変化させてそれに対応する力を測定することもできるようになりました。これを利用した一例として、応力-緩和試験があります。この試験は、決められた温度で、決められた量だけ試料を引き伸ばすものです。試験中、変形は一定に保たれ、力の進行が記録されます。この力は、材料の緩和の結果、連続的に減少します。応力-緩和強度は、最終的に定義された曝露期間後に測定された残留応力によって定義されます。このデータは、応力-時間ダイアグラムとしてグラフィカルに表示することができます。これにより、応力-緩和の挙動と緩和率および緩和時間の値を読み取ることができます。

敏感な材料でも、4Nまでの高い応力でも測定可能 

電子制御システムにより、力の値をmN単位で設定することが可能です。これにより、薄い繊維やフィルムなどの繊細な素材でも測定が可能になります。より大きな形状や高い応力に対しては、プレミアムモデルTMA 402 F1 Hyperion®を使用して、最大4 Nの荷重を加えることができます。試料に加える力は、ソフトウェアによって段階的または直線的に変更することができます。これにより、クリープ試験などの実施が特に容易になります。

真空タイト恒温制御測定システム

TMA 402 Hyperion® の測定システム全体が、チラーユニットにより恒温制御されていますので、加熱炉からの熱や、環境温度の変化による影響を受けることがありません。 全ての接続部は、真空タイト構造となっていますので、高純度雰囲気や真空下での測定が可能です。 ターボ分子ポンプ装備のTMA 402 F1 /F3 Hyperion®は、10-4 mbar以下の真空度に到達することも可能です。 パージガスや保護ガス用内蔵マスフローコントローラー(MFC)と組み合わせれば(TMA 402 F3 Hyperion®ではオプション)、 高純度不活性や酸化性雰囲気中での測定を、最適の条件で制御することが可能です。

Request a Quote

Get a personalized offer now.

Request a Quote

技術仕様

最大試料長
30 mm
測定範囲
± 2.5 mm
デジタル分解能(変形)
0.125 nm

荷重範囲
0.001 N ~ ± 3 N 0.2 mN ステップ

デジタル分解能 (荷重)
0.01 mN 以下

荷重モジュレーション
1 Hz まで不可 (F1 )

到達真空度
10-4 mbar 以下

ガス接続
1 系統保護ガス
2 系統パージガス

温度範囲
-150°C ~ 1550°C

アプリケーションデータ

    製品情報

    私たちは、品質だけでなく、個別のコンサルティングにも対応致します。あなたのプロジェクトを一緒にスタートさせましょう。

    Request Information