発生ガス

PERSEUS® STA 449 F1 /F3 Jupiter®

STA-FT-IR 接続 

発生ガス分析(EGA)は、有機・無機物質の固体・液体の熱挙動を、より詳細に解析し、プロセスの背後に隠れている化学を解明する理想的なツールです。

新製品 PERSEUS®® STA 449 F1 /F3 は、二つの成功した装置: NETZSCH STA 449 F1 /F3 Jupiter®® とBruker Optics の FT-IR spectrometer の最良の組み合わせです。そのデザインは、前例のない、最先端のカップリングシステムのベンチマークとなるものです。

その頑丈さ、高性能、コンパクトなデザイン、そして魅力的な価格によって、この組み合わせは、無機材料からポリマーに渡り、大学から工業分野にいたる、あらゆる研究分野で活躍できる可能性を秘めています。

既設の全てのNETZSCH STA 449 F1 /F3 システムは、新しいPERSEUS®®にアップグレードすることができます。

PERSEUS® STA 449 F1 Jupiter® with integrated FT-IR

手頃なガス分析

このカップリングシステムは、革新的かつ最良の組み合わせでありながら、比較的低予算でも導入が容易となっています。 この装置は、あらゆる研究分野で、必要不可欠な分析装置となります。

液体窒素不要

使用されているDLaTGS検出器(deuterated L-alanine doped triglycine sulphate=トリグリシンサルフェイトの水素原子を重水素に置換した検出器) には、液体窒素冷却は必要ありません。従って、このシステムは、特に、自動サンプルチェンジャー(ASC)を使った測定や、長時間測定に適しています。

トランスファーライン不要

トランスファーラインや、加熱制御装置は、必要ありません。内蔵加熱ガスセルが、加熱チューブを介して、加熱炉のガス排気口に直接接続されています。
この低容量ガス経路によって、高速応答が可能になり、凝集性の発生ガスが存在しても問題になりません。

省スペース

別置きFT-IR スペクトロメーターやトランスファーラインが必要ありませんので、PERSEUS®® STA 449 F1 /F3 の設置スペースは、STA 449 F1 /F3 Jupiter®®単独の設置スペースと全く同じです。

PERSEUS®® STA 449 F1 /F3 は、次の応用分野で活用できます:

  • 分解
  • 固体-ガス反応
  • 組成分析
  • 蒸発、ガス放出

Request a Quote

Get a personalized offer now.

Request a Quote

技術仕様

トランスファーチューブの加熱
2つのオプション (温度制御; 定電圧電源装置使用)
ガスセルの加熱
最高200°C、
ソフトウェア制御
検出器
DLaTGS

ガスセル長さ/容量:
70 mm / 5.8 ml
(ミラー内部は含まず。ビーム適合型デザイン)

FT-IRデータのスペクトル範囲:
6000 cm-1 ~ 500 cm-1

ガスセル:
KBRウィンドウ
Viton© シール

Schematic drawing of the gas path

アプリケーションデータ 

    Product Information

    We do not only promise quality, but also individual consulting. Let us start your project together.

    Request Information

    ビデオ

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    Short Gas Path with Low Volume

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    PERSEUS®® STA 449 English

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    NETZSCH Analyzing and Testing at the Analytica 2016