applications

断熱材料

断熱材は熱伝導、対流、輻射を制限することによって、サンプル内に流れる熱流を減少させるように設計されています。

断熱材の開発および品質管理において期待される断熱性能の評価が重要です。NETZSCH は、断熱材や絶縁材料の特性を評価するための幅広い装置を提供しています。

断熱材や真空断熱材などの熱伝導率を分析する場合、熱流計法(HFM)もしくは保護熱板法(GHP)で評価されるのが一般的です。これらの標準的な測定方法では、断熱材の熱伝導率や多層材料の熱抵抗を直接得ることができます。

その他の熱分析測定技術を用いることで、断熱材の熱安定性や組成を調査することができる。また、絶縁材料に使用される有機バインダーの硬化挙動も、DEAによって評価することができます。

Literature

Application Literature

Do you have any questions?

Our experts will be happy to help you.

Contact us