DEA

誘電分析 (DEA) 

熱硬化性樹脂、複合材、接着剤や塗料の効果挙動の評価には、ASTM E2038 又はE2039に準ずる誘電分析(DEA)が開発されています。

DEAには、ラボスケールのみならず、実際のプラスチックの製造プロセスにも活用できるという大きなメリットがあります。金型に組み込まれた誘電センサーにより、材料の特性をリアルタイムでモニターして、製品の品質を管理・予測することができます。sensXPERT®®®ソリューションと組み合わせることで、不良品の削減と効率と透明性(Transparency) の向上を実現できます。

NETZSCH は、お客様の測定仕様に合わせ、1チャンネルあるいは複数チャンネル DEA装置を提供します。いずれも、色々なセンサーを用いて、色々な測定範囲、周波数範囲で測定することが可能です。

DEA 288 Ionic

Dielectric Analyzer

Opening a New World of Cure Monitoring - Customized Test Conditions

The multi-functional design of the DEA 288 Ionic allows for the application of a great variety of different test conditions such as heat, cold or UV light. This enables the user to easily and conveniently determine the best parameters for processing the material.

sensXPERT®®

Innovative sensors creating intelligent molds

Material science builds the foundation of the machine learning algorithm. Together with data of your machines, optimal curing of the material is predicted. The cutting edge software dynamically adapts your production process and eliminates the need of costly quality control after production. sensXPERT®® increases your production efficiency, minimizes scrap rates and enables you to run a more robust, reliable and reproducible plant.