同時熱重量測定

STA 449 F5 Jupiter®

洗練された装置を魅力的な価格で 

フル装備

真空タイトな構造のSTA 449 F5 Jupiter®®は、ユーザーのアプリケーションに特化して製作されています。セラミックス、金属、無機材料や建築材料等の分野における高温アプリケーションで必要な全てのハードウエアーとソフトウエアーが装備されています。

最高のコストパーフォーマンス

STA 449 F5 Jupiter®®は、分解能が高く、測定範囲が広く、ドリフトの少ない天秤と高感度DSCを備えており、広い温度範囲に渡り全ての標準的アプリケーションで卓越した性能を発揮します。

ユニークな組み合わせ – 高精度な TGA-DSC と大容量TGA

高精度なTGAとDSC測定は、室温から1600°Cの試料温度において、高い精度と再現性で実現しています。TGAのみの測定は、大きく、重い試料でも測定することが可能です。

トップローディング – 熱天秤の確立されたデザイン

STA 449 F5 Jupiter®®の天秤構造は、ラボで長年愛用されてきたトップローディングシステムです。トップローディングシステムの自然なガスフローは、サンプルから発生するガス凝集や汚染に対する天秤の保護を保証します。

見積依頼

今すぐパーソナライズド・オファーを取得しましょう。

Request a Quote

技術仕様

温度範囲
室温~1600°C
加熱速度
0.001 to 50 K/min
真空密閉性
10⁻² mbar

アクセサリ

二つの測定法 – 合わせてより効果的に

システムは、ユーザーが交換可能なTGA-DSCセンサーを装備して納入されます。真のDSCあるいはTGA-DSC測定は、自動サンプルチェンジャー(ASC)使用時も実行することができます。さらに、TGAやTG-DTA測定用試料キャリアーも使用可能です

 

雰囲気 – MFC と AutoVacにより完璧に制御

3台の内蔵マスフローコントローラー(MFC)が、試料周辺の最適雰囲気制御を維持するよう、パージガスと保護ガスを制御します。加熱炉の排気と再充填 は、試料周辺の雰囲気制御をさらに良好にします。特に、粉体試料や他の“排気に注意が必要”な試料を扱う場合有効です。ソフトウエアー制御全自動真空置換 システムが含まれています。

Large beaker crucibles for high-volume TGA tests

多種多様の試料容器 – ユーザーのアプリケーションに合わせて

色々な材質や寸法の多種多様なるつぼが提供可能です。アルミナあるいは白金製標準試料容器の他、例えば金やジルコニア等、多くの試料容器が供給できます。 穴なし、穴付き上蓋付属の試料容器も供給可能です。この広い選択範囲は、ユーザーアプリケーションに最適の試料容器の選択を可能にします。

自動サンプルチェンジャー – 安心を提供

効率的で信頼できる – 必ずご満足いただけます。20試料までの自動サンプルチェンジャー(ASC)が、オプションで供給可能です。ASCは、TGAあるいはTGA-DSC測定 で使用できます。ASCは、最適のるつぼ位置と最大の測定量を保証します。プログラムは、終夜や週末の測定実行を可能にします。既定の方法を使うことによ り、試料の取り扱いが容易になります。

Automatic Sample Changer

全てをセット! – 発生ガス分析は準備完了

発生ガス分析(EGA)用に、STAシステムは、QMS、FT-IRやGC-MSあるいはQMSとFT-IRやGC-MSとFT-IRとの組み合わせに直接接続することができますー自動サンプルチェンジャーを装備した場合も接続可能です。

アプリケーションデータ 

    製品情報

    私たちは、品質だけでなく、個別のコンサルティングにも対応致します。あなたのプロジェクトを一緒にスタートさせましょう。 

    Request Information

    ビデオ

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    Webcast: Part 2 Sample Preparation Influencing Factors How to Setup an STA Measurement