示差走査熱量測定 (DSC) / 示差熱分析 (DTA) 

Photo-DSC 204 F1 Phoenix®

示差フォトカロリメータ

光硬化システムの主要な利点は、その反応速度の速さにあります。ほとんど溶媒の無いモノマー溶液は、低温度でも数秒以内に硬化させることができます。

熱と光硬化反応の組み合わせは、デュアル硬化型の接着剤や塗料によく使われています。

NETZSCH示差フォトカロリメーター Photo-DSC 204 F1 Phoenix®®は、温度範囲 -100°C ~ 200°Cで測定します。この示差フォトカロリメーターは、ガスタイト測定セルを有しており、パージガスは、マスフローコントローラー(MFC)で制御されます。

示差フォトカロリメーターPhoto-DSC 204 F1 Phoenix®®には、カチオン型やラジカル型の硬化材料に用いられる、最も工業・研究標準的なランプが使用できます。

塗料やインク用には、OmniCure®® S2000 ランプを装備したPhoto-DSC (示差フォトカロリメーター)を推奨します。測定パラメーター(照射時間、強度) は、セグメントごとにProteus®® ソフトウェアによってプログラムし、モニターすることが可能です。
高圧水銀ランプの輝度は、Radiometer R2000でキャリブレーションすることができます。

光源と接続した2本の光ファイバーは、DSCの自動開閉機構の上蓋に固定可能なので、ファイバー先端と試料・参照試料との距離を常に一定の距離に保つことができます。この機構により、高い再現性を得ることができます。

200°C 以上の通常DSC測定には、標準の自動開閉機構にユーザーが付け替えることも可能ですし、手動の上蓋を使用すれば、何の変更もなくそのまま使用することができます。

試料測定量の増加や繰り返し測定には、192試料まで収納可能な自動サンプルチェンジャー(ASC)を推奨します。

Request a Quote

Get a personalized offer now.

Request a Quote

技術仕様

測定温度範囲
-100°C ~ 200°C
試料容器
Alオープン
推奨水銀ランプ型式
OmniCure®® S 2000

最大出力:

9.9 W/cm2

>10 W/cm2

波長範囲:

280/315 nm ~ 500 nm

280/320 nm ~ 500 nm

照射時間:

0.1 s ~ 1000 s

0.2 s ~ 1000 s

オリフィス径:

8 mm, 4 mm, 2 mm

8 mm, 4 mm, 2 mm

寿命 (ランプ):

1500 h

2000 h

アプリケーションデータ 

    製品情報

    私たちは、品質だけでなく、個別のコンサルティングにも対応致します。あなたのプロジェクトを一緒にスタートさせましょう。

    Request Information

    ビデオ

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    NETZSCH Photo DSC 204 F1 Phoenix® Differential Photocalorimeter