Glossary

Drug-Excipient Compatibility
薬剤ー賦形剤適合性 

薬剤は有効成分だけで形成されているものではなく、有効成分とその他の賦形剤からなる混合物です。たとえば錠剤では最終製品の外観や味を改善したり、錠剤が打錠機に付着するのを防いだり、水に濡れるとすぐに溶けるようにするなどの目的で賦形剤が使用されます。 

賦形剤の多くは薬理学的に不活性です。しかし、有効成分と賦形剤の間の物理的/化学的な相互作用が医薬品の安定性、安全性、治療効果に悪影響を及ぼすことがあります。このような場合を「薬剤と賦形剤が不適合である」といいます。反対に賦形剤が有効成分に悪影響を与えない場合は、両物質は適合しています。

次の熱分析測定手法によって有効成分と賦形剤の適合性に関する基本的な情報を得ることができます