示差走査熱量測定 (DSC) / 示差熱分析 (DTA) 

DSC 404 F1 Pegasus®

高温 DSC

高温型DSCの最高峰 

新しい高温示差走査熱量計DSC 404 F1 Pegasus®®は、高温領域での高機能材料の比熱(cp)を正確に測定するよう設計されています。

  • セラミックスや金属高機能材料の熱力学的特性の解析
  • 純粋雰囲気中でのエンタルピー定量測定や比熱(cp)測定機能
  • 酸化しやすい材料の測定のために、高純度雰囲気を可能にする10-4 mbar までの真空密閉構造
  • アモルファス金属、形状記憶合金や無機ガラスの特性解析

この新しいDSC 404 F1 Pegasus®® は、高い適応性と高品質の最高の性能を発揮します。

DSC 404 F1 Pegasus®® は、高度な応用測定のための、高い能力を持つ熱流束型 DSCです。

DSC 404 F1 Pegasus®® の新しいコンセプトにより、ユーザーが簡単に交換可能な8種類の加熱炉をご使用になれます。これにより、広い測定温度範囲-150℃~2000℃をカバーすることが可能となりました。(アクセサリーの項参照)

様々なDSC、DTA測定センサー、豊富な試料容器タイプや多様なアクセサリーを用意しています。

FT-IRMSへの接続も、もちろん可能です。

DSC 404 F1 Pegasus®® 、そのすぐれた拡張性により、研究開発から、品質管理、故障解析やプロセス最適化等、あらゆる分野で使うことができます。ハードウェアの拡張としては、20試料・参照容器まで交換可能な自動サンプルチェンジャー(ASC)、など、ソフトウェアの拡張としては、ベースラインを最適化するBeFlat®®、温度モジュレーション(TM-DSC)などがあります。

新しいDSC 404 F1 Pegasus®® は、日常研究業務の理想的ツールです。

Request a Quote

Get a personalized offer now.

Request a Quote

技術仕様

比熱測定用DSCセンサーでは高精度比熱測定が可能です。
室温 ~ 1400°C: ± 2.5%
室温 ~ 1500°C: ± 3.5%
ユニークなOTS®®® システムへの拡張が可能です。 
W/Re センサーを装備したグラファイト加熱炉で最高温度の測定が可能です。 
2000°C までのDTA測定が可能です。 

製品情報

私たちは、品質だけでなく、個別のコンサルティングにも対応致します。あなたのプロジェクトを一緒にスタートさせましょう。

Request Information