同時熱重量測定

STA 449 F3 Jupiter®

魅力的な多様性を備えた熱分析装置 

最新の同時熱分析装置NETZSCH STA 449 F3  Jupiter® は、-150°C~2400°Cの 温度範囲で、重量変化と熱反応の同時測定が可能です。

本装置は、様々なタイプの試料ホルダー、試料容器が使用可能で、TGA測定範囲も広いので、多様性が極めて高く、 不均一な物質を含むあらゆる材料の分析を行うことができます。 

試料ホルダーをユーザーが簡単に交換できるので、様々なアプリケーションに応じてシステムを最適化することができます。(TGA, TGA-DTA及びTGA-DSC測定)。

ユーザーによって簡単に取り換え可能な様々な加熱炉が、フルレンジの測定温度範囲をカバーします。(アクセサリーの項参照)

真空密閉構造により、純粋な特定雰囲気(例:不活性雰囲気)での測定が可能です。

システムは、新しく開発された内蔵デジタル電子制御装置によって制御されます。
測定データの解析は、標準的なPC上で動作するWindows® ソフトウェアで実行されます。

Request a Quote

Get a personalized offer now.

Request a Quote

技術仕様

測定温度範囲
-150°C ~ 2400°C
タングステン加熱炉
(室温~2400°C)
高速加熱炉
(室温~1250°C)

昇温・冷却速度:
0.001 K/min~50 K/min (加熱炉タイプにより変わる)

重量変化測定範囲:
35000 mg

TGA分解能:
最高 0.1 µg

DSC 分解能:
最高 1 µW (センサータイプにより変わる)

測定雰囲気:
不活性、酸化性、還元性、ガス静止、ガスフロー等

2系統パージガス、1系統保護ガス用スイッチバルブ

10-4 mbarまでの真空密閉構造

Coupling:
FT-IR, MS via Capillary or SKIMMER coupling

Product Information

We do not only promise quality, but also individual consulting. Let us start your project together.

Request Information

ビデオ

動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

STA 449 F3  Jupiter® Simultaneous DSC-TGA sample carrier change

動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

Part 2 Sample Preparation Influencing Factors How to Setup an STA Measurement