同時熱重量測定

STA 449 F1 Jupiter®

魅力的な多様性を備えた熱分析装置  

最新のSTA 449 F1  Jupiter® は、システムの高い拡張性と、他に類を見ない高性能を兼ね備えた装置です。

  • T熱安定性、分解挙動、組成解析、相転移、融解プロセス等の熱的挙動を、あらゆる角度から迅速に分析することが可能
  • 最高のTG分解能(測定範囲5gで25 ng)と長時間安定性を備えた、使いやすいトップローディング型天秤
  • 反応/転移温度、エンタルピーや比熱を最高の感度と再現性で測定できる、ユーザーによる交換が可能なDSCセンサー
    (センサー交換のビデオクリップ)
  • ユーザーの応用測定に最適のシステムを提供する、豊富なオプションシステム
  • ユーザーにより簡単に交換可能な様々なタイプの加熱炉(オプションの2炉体装備できるスイング型ダブルファーネス機能)-アクセサリーの項参照
  • プラグイン型サンプルキャリアー (TGA、TGA-DSC、TGA-DTA等)
  • 20試料まで処理可能な自動サンプルチェンジャー(ASC)
  • 全自動真空置換対応(AutoVac)
  • 多様なサイズと材質の試料容器などの豊富なアクセサリー
  • 同時測定ではユニークな、温度変調DSC(TM-DSC)

MSFT-IR を接続することにより、さらに包括的な分析が可能になります。

これら全ての特徴を兼ね備えたSTA 449 F1 Jupiter®は、研究・開発や品質管理の分野で、材料の熱分析のための理想的なツールです。

Request a Quote

Get a personalized offer now.

Request a Quote

技術仕様

測定温度範囲
-150°C ~ 2000°C
高速加熱炉
(室温~1250°C)
昇温・冷却速度
0.001 K/min~50 K/min(加熱炉タイプにより変わる)

重量変化測定範囲:
5000 mg

TGA分解能:
0.025 µg

DSC 分解能:
最高1 µW (センサータイプにより変わる)

アプリケーションデータ 

    Product Information

    We do not only promise quality, but also individual consulting. Let us start your project together.

    Request Information

    ビデオ

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    STA 449 F1  Jupiter® EN

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    Thermal Analysis: Cutting Edge Technology by NETZSCH

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    NETZSCH STA 449 F1  Jupiter® for Simultaneous Thermal Analysis

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    Webcast: Part 2 Sample Preparation Influencing Factors How to Setup an STA Measurement