示差走査熱量測定 (DSC) / 示差熱分析 (DTA) 

DSC 404 F3 Pegasus®

高温 DSC

魅力的な適応性の高い熱分析装置 

高温示差走査熱量計DSC 404 F3 Pegasus®®は、経済的なNETZSCH F3 -製品シリーズの一つで、特に、材料特性の比較測定や品質管理の要求にお応えできるよう設計されています。

高温示差走査熱量計DSC 404 F3 Pegasus®®は、ユーザーが簡単に交換可能な様々なDTA、DSCセンサーや、加熱炉により、-150℃から2000℃の測定が可能です。 (アクセサリーの頁を参照)

試料室は、試料からの発生ガスを排除するために、不活性ガスや酸化性ガスでパージすることができます。

測定システムは、真空密閉構造になっています(10-4 mbar)。

Request a Quote

Get a personalized offer now.

Request a Quote

技術仕様

温度範囲
-150°C ~ 2000°C
加熱速度
(加熱炉による)
0.001 K/min ~ 50 K/min
測定センサー
DSC及びDTA

熱電対タイプ:
S, E, K, B, W/Re, S保護, P

雰囲気: 不活性、酸化性、ガス静止、ガスフロー

ユニークなOTS®®® システムの拡張
(オプション)

製品情報

私たちは、品質だけでなく、個別のコンサルティングにも対応致します。あなたのプロジェクトを一緒にスタートさせましょう。

Request Information