熱機械分析

TMA 402 F3 Hyperion® Polymer Edition

Thermomechanical Analysis – TMA - 低温アプリケーションのための専用装置

高分子のTMA解析

高分子は加熱・冷却により熱機械的性質が変化します。TMA解析は、分子配向や冷却時のクエンチ効果についての熱機械分析的知見を得ることができます。接着剤などのハイブリッド材料による接合部の設計や、収縮フィルムの品質管理などの測定も可能になります。このようにTMA解析は、さまざまな材料の組成、構造、製造条件、応用の可能性についての貴重な情報を与えてくれます。

緩和、クリープ、応力/ひずみなどの粘弾性特性の測定

TMA 402 F3 Hyperion®®® Polymer Editionでは、力を一定にして長さの変化を測定するだけでなく、変位を変化させてそれに対応する力を測定することができるようになりました。これは例えば、応力緩和試験で使用されます。この場合、試料は定められた温度で特定の量だけ引き伸ばされます。試験中、変形は一定に保たれ、力の進行が記録される。この力は、材料の緩和の結果として連続的に減少します。応力緩和は、最終的には定義された応力時間後に測定される残留応力によって定義されます。このデータは、応力-時間ダイアグラムとしてグラフィカルに表示することができます。これにより、応力-緩和の挙動、緩和率および緩和時間の値を読み取ることができます。

機械的冷却で-70℃まで冷却

TMA 402 F3 Hyperion®®® Polymer Editionは、特にポリマーアプリケーション向けに設計されています。LN₂を必要としない機械式冷却システムにより、-70℃から450℃までの温度範囲をカバーできるコンパクトで高反応性の炉を搭載しています。

Request a Quote

Get a personalized offer now.

Request a Quote

Technical Data

IC 加熱炉
電気式冷却で-70℃ ~ 450℃
加熱速度
0.001 K/min ~ 30 K/min
測定範囲/Δl 分解能
500 μm / 0.125 nm
5000 μm (± 2500 μm) / 1.25 nm

変位制御
静的変位、ステップ、ランプ

荷重範囲(サンプル荷重)
0.001 N ~ 3 N(分銅を追加しない場合)

荷重分解能
< 0.01 mN

交換可能なサンプルホルダーシステム
Fused silica:最高450℃まで

サンプルサイズ
膨張/ペネトレーション:長さ最大30mm、サンプルホルダーØ 8 mm
引張:長さ30mm以下、幅6mm、厚さ1mm
三点曲げ:長さ10mm以下、幅5mm以下

試料長自動決定機能 (精度:0.01 mm)

測定雰囲気
マスフローコントローラ(MFC)1台内蔵、ガス流量0~250ml/min、ソフトウェア制御、不活性、酸化性、還元性、真空 (10-4 mbar)

各種アクセサリー
スペーサー、るつぼ、特殊ワックス容器

製品情報

私たちは、品質だけでなく、個別のコンサルティングにも対応致します。あなたのプロジェクトを一緒にスタートさせましょう。

Request Information