熱重量測定 (TGA/TG) 

TG 209 F1 Libra®

高い要求にお応えする真空タイトなマイクロ熱天秤 

より迅速に、より包括的に、材料特性を解析する

50年を超える熱重量測定の経験をベースに、NETZSCHは、熱天秤TG 209 F1 Libra®を開発しました。この装置により、迅速かつ高精度に、広い温度範囲で測定を実行することができます。

BeFlat®によって2倍迅速に

他の熱天秤と較べ、通常、測定前に必要な、時間のかかるTG 209 F1 Libra®による ベースライン補正測定が必要ありません。 Libra®のユニークなBeFlat® 機能が、測定に影響を与える全ての外部要因を、自動的に補正します。この機能により、作業時間を50%カットすることができ、効率的な測定が可能になります。

高速加熱により20倍速く

TG 209 F1 Libra®の心臓部は、高性能セラミックス製マイクロ加熱炉にあります。このマイクロ加熱炉により、1100°C までの広い試料温度範囲をカバーするだけでなく、 200 K/minまでの高速加熱が可能となりました。これにより、最高温度までの測定でさえ、数分以内に分析結果を得ることができ、他の熱天秤に較べ、20倍速く、測定を完了することも可能です。

特許のc-DTA® により、より包括的で迅速な特性解析を

TG 209 F1 Libra®では、試料温度を直接計測しています。これにより、吸熱・発熱反応を検出することが可能で、例えば、試料の融点等を評価することができます。 他の分析手法を用いずとも、より多くの試料挙動情報を得ることが可能です。

ライフタイムの長い高性能セラミックス

新しく、特別にデザインされたセラミックス加熱炉は、腐食性成分を含む試料の測定を行っている場合ですら、 通常の熱天秤の加熱炉より長いライフタイムを誇ります。フッ素や塩素を含むポリマーの測定も、問題ありません。反応性ガスやパージガスは、自然対流により、上方にフローします。従って、測定部(サンプルホルダー)への発生ガスの再凝縮が生じません。これにより、装置を傷めないだけでなく、次の測定に悪影響をおよぼす恐れのある、メモリー効果を防ぐことも可能になります。

Request a Quote

Get a personalized offer now.

Request a Quote

技術仕様

測定試料温度範囲
室温 ~ 1100°C
加熱炉最高温度
1100°C以上
加熱・冷却速度
0.001 K/min~200 K/min

冷却時間:
12分(1100°C→100°C)

重量変化測定範囲:
2000 mg

TGA分解能:
0.1 µg

試料容器容量:
最大350 µl

測定雰囲気: 不活性、酸化性、還元性、ガス静止、ガスフロー

10-2 mbar (1 Pa)までの真空密閉構造

アプリケーションデータ

    Product Information

    We do not only promise quality, but also individual consulting. Let us start your project together.

    Request Information

    ビデオ

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    Thermogravimetric Analysis Sample Setup and Run with the NETZSCH TG 209 F1 Libra® 

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    TGA-FT-IR Sample Setup and Evolved Gas Analysis The PERSEUS®®® TG 209 F1 Libra® 

    他の関連製品を見る