発生ガス

PERSEUS® TG 209 F1 Libra®

パーフェクトな TGA-FT-IR カップリングシステム 

発生ガス分析(EGA)は、有機・無機物質の固体・液体の熱分解挙動をより詳細に解析し、その反応プロセスを解明する為の理想的なツールです。

PERSEUS®® TG 209 F1 は、頑丈且つコンパクトな機能性に富んだコストパフォーマンスの高いシステムとなっています。小さくて高性能なFT-IR分析装置とTGAの組み合わせは、大学や企業における研究開発や品質保証などのあらゆる分野で活躍できる可能性を秘めています。

既設の全ての NETZSCH TG 209 F1 Libra®® システムは、PERSEUS®® カップリングシステムにアップグレードすることが可能です。

PERSEUS®®TG 209 F1 は、次の応用分野で活用できます:

  • 分解
  • 固体-ガス反応
  • 組成分析
  • 蒸発、ガス放出
  • 揮発物質の検出
  • エイジングプロセスの分析
  • 脱離挙動

Request a Quote

Get a personalized offer now.

Request a Quote

手頃なガス分析

このカップリングシステムは、革新的かつ最良の組み合わせでありながら、比較的低予算でも導入が容易となっています。 この装置は、あらゆる研究分野で、必要不可欠な分析装置となります。

液体窒素不要

DLaTGS 検出器(deuterated L-alanine doped triglycine sulfate )には、液体窒素冷却は必要ありません。従って、このシステムは自動サンプルチェンジャー(ASC)を使った測定等の長時間測定に適しています。

トランスファーライン不要

トランスファーラインや、加熱制御装置は、必要ありません。内蔵加熱ガスセルが、加熱チューブを介して、加熱炉のガス排気口に直接接続されています。この低容量ガス経路によって、高速応答が可能になり、凝集性の発生ガスが存在しても問題になりません。


省スペース

FT-IR スペクトロメーターやトランスファーラインの加熱用制御ユニットは別途用意する必要はありません。PERSEUS®® TG 209 F1   の設置スペースは、標準TG 209 F1 Libra®®の設置スペースと全く同じで良く、スペースの限定されたラボにとっても最適のシステムとなっております。

技術仕様

トランスファーチューブの加熱
2つのオプション (温度制御; 定電圧電源装置使用)
ガスセルの加熱
最高200°C、
ソフトウェア制御
検出器
DLaTGS

ガスセル長さ/容量:
70 mm / 5.8 ml (ミラー内部は含まず。ビーム適合型デザイン)

FT-IRデータのスペクトル範囲:
6000 cm-1 ~ 500 cm-1

ガスセル:
KBRウィンドウ
Viton© シール

TG 209 F1 Libra®®の技術データを見るにはココをクリックしてください

アプリケーションデータ 

    製品情報

    私たちは、品質だけでなく、個別のコンサルティングにも対応致します。あなたのプロジェクトを一緒にスタートさせましょう。 

    Request Information

    ビデオ

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    PERSEUS®® TG 209 F1 TGA-FT-IR Coupling

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    TG209 F1 PERSEUS®®-Coupling 

    動画を 見るには、 マーケティングCookieを受け入れてください。

    NETZSCH Analyzing and Testing at the Analytica 2016